診療案内|精神科・心療内科なら自由が丘河合クリニック

自由が丘 河合クリニック

0357013661

診療案内

診療について

image

自由が丘 河合クリニックは精神科医によるメンタルクリニック(精神科・心療内科)です。様々な精神医療上の問題にご対応いたします。

当クリニックにはドクターの他に正看護師が常勤しております。看護師の補助により血液検査が可能で、生活習慣病の生活指導、食事指導も可能になっております。スタッフ二人で運営されている小さなクリニックです。気疲れしない家庭的な雰囲気で診療が受けられます。医師に直接聞きにくい事は看護師にお気軽にお話下さい。

処方は院外処方となっております。専門の薬剤師の調剤でご服薬下さい。クリニックの近くにも複数の調剤薬局があります。

診療内容

睡眠障害 入眠障害(寝付けない)
熟睡障害(眠りが浅い)
早期覚醒(すぐに起きてしまう)など
うつ病性障害 悲しみや空虚感や涙が流れるといった抑うつ気分
興味や喜びの著しい減退
体重減少や食欲減退、易疲労感
気力の減退、無価値観、罪責感
思考力や集中力の減退や決断困難
死についての反復思考など
気分変調性障害 軽度の抑うつ気分が少なくとも2年以上続いている
パニック障害 パニック発作(動悸、発汗、窒息感、死に対する 恐怖などが突然に始まる)
広場恐怖症(パニック発作が起きた時に逃げる事が困難な場所、たとえばバス、自動車での移動中などへの恐怖)
社会不安障害 赤面、手の振るえが出てしまうので人前での食事、人前での発言がひどく苦痛である。
注目される場面に出るのが怖くて極力避けている。
強迫性障害 繰り返し同じ考えや不安が浮かんできて、自分でも馬鹿げていると思っても止める事ができない。
必要がないと思っていながら何度も同じ行動を繰り返す、何度も確認しないではいられない。
ストレス関連障害 PTSD[心的外傷後ストレス障害] 外傷体験が反復的かつ侵入的に想起され、あたかも過去の外傷的な出来事が目の前で起こっているかのような苦痛に満ちた情動を伴う錯覚(解離性フラッシュバック)、 孤立感、睡眠障害、外傷体験に類似した状況に暴露されたときに生じる著しく過度の驚愕反応などの症状を特徴とする疾患。
摂食障害(心因性の食思不振または過食)
適応障害(進学、独立、結婚など重大な生活上の変化に適応できず、勉強や仕事などが続けられなくなる)
不安障害(自分でもどうしようもない強い不安感にとらわれ、日常生活や社会生活に支障をきたす)
社会恐怖
強迫性障害(確認行為で、社会生活に支障をきたす)
対人恐怖、視線恐怖、顕著な気分変動